女性に好かれるようなかっこいい男性が出てくるのがBL動画の特徴

サイトマップ

サングラスをかけた男性

BL動画を見て思ったこと

BL動画を始めてみたのはまったくの偶然からでした。海外発の無料のアダルト動画サイトを視聴していたところ、偶然BL動画に行きあたったのでした。いつもならすぐに他のアダルト動画にするのですが、ちょっと興味があってそのままBL動画を視聴していました。今までは、ニューハーフ動画やゲイ動画を少し見たことはありましたが、BL動画とそれらの動画とのジャンルの違いは自分ではほとんどわかっていませんでしたが、BL動画を見ているうちになんとなく、どのあたりが違うのかは何とか分かってきました。
BL動画を見て思ったのは、綺麗に撮っていることがとても印象的でした。マンガや小説などでも女性のこの分野は人気があるということを聞いたことがありますが、その意味がなんとなく解るような綺麗さがあると思ったのです。これならば、このジャンルが好きな人はBL動画を見るだろうと思います。
BL動画ももちろんのことですが、好きな人がいないと人気が出ないわけですから、アダルト動画サイトにジャンルとして存在し、それなり視聴数があるということはかなりみられているのは以前から感じていました。これならば、好きなジャンルにならないまでも、話題になるようなBL動画は見ることが出来そうです。

美しい男性を見て楽しむBL動画

アダルトコンテンツの場合、性的な興奮を第一の目的として視聴する方がほとんどですが、BL動画の場合には出演している男性の肉体を鑑賞することに重点を置いているという方も珍しくありません。男性同士の絡みを見せる動画としてはゲイ作品の括りの中に入りますが、主に女性の視聴者をメインターゲットとしているBL動画の場合、映像美に拘った作品が多いのが特徴になります。出演俳優は多種多様、実にさまざまな肉体的特徴を持っている男性が出ていますが、いわゆる男性的な暑苦しさを感じさせる人は少なく、筋肉質、マッチョ系男優で雄臭さを漂わせている場合であっても、どこか爽やかさと美しさを残すタイプを採用していることが多いです。
性的な興奮を感じさせるだけではなく、女性の目から見て見ごたえのある身体をしている男性が二人、激しく絡み合っている姿をただ鑑賞したい、目の保養をすることを目的としてBL動画を利用しているかたは少なくありません。
男性向けゲイ作品のような濃厚な絡みは、逆に生々しくて受け付けないという女性は多いものです。また、ゲイ作品に興味があっても刺激が強すぎるので、比較的ソフトなシーンがメインのBL動画から入るという男性も珍しくありません。カッコよく、どこか現実味を感じさせないBL動画は、ドラマや映画のストーリーの延長上でイケメン同士のベッドシーンに繋がるような入りやすさが魅力です。

学園ものも高い人気を誇るBL動画

男性向けの動画でも、ブレザーやセーラー服に身を包んだ女性とさまざまなシチュエーションでのプレイを楽しむ動画が人気です。それはBL動画でも同様で、制服を着た同級生同士に扮したもの、先輩と後輩、先生と教え子、不良ものなどのいわゆる学園ものジャンルが大変人気になっています。制服に対して萌えを感じて興奮するのは何も男性だけに限ったことではないのです。学生という大人になりきれていない存在の切ない恋愛模様、抵抗しつつも身体の欲求には抗えない葛藤、俳優が演じている作りものだとわかっていても、そういったシチュエーションに大きな萌えを感じ、なおかつしっかりと着込んだ制服が乱れていく様を女性も楽しんでいきたいのです。
こうした学園ものはBL動画に限らず、BL漫画やBL小説などのさまざまな分野でも女性にとても大きな支持を集めています。学園という閉鎖された空間の中で繰り広げられる恋愛模様、とくに女性の影も立ち入る隙も全くない男性しかいない男子校での男性同士のやり取りに興奮を禁じえません。
シチュエーションものとして学園ものBL動画ですが、キャラクターの関係性でいろいろな楽しみ方をできます。数あるBL動画で学園ものに絞り、その中から自身の好みのものを探してみるのも一興です。

new article

壁に手をつく男性

BL動画はストーリーも納得できる

男性だけでなく、女性もアダルト向け動画を見る事は珍しくありません。女性がアダルト動画を閲覧した…

フードをかぶった男性

ゲイもノンケもBL動画で興奮する

ゲイな男性はとても増えていて、街中でもすぐにそうかなとわかる雰囲気や歩き方をする人たちがいます…

革ジャン

かなりの数の女性たちが楽しむBL動画

女性たちは実はアダルトビデオが大好きだったりします。自分はそのようなことには興味がないし、そう…

笑う男性

BL動画は女性の妄想なのか

BL動画について考えてみると時々、これは女性の妄想ではないかと思うときがあります。この場合の女…

TOPへ